瓜生中 公式ブログ
日本人を知り、その歴史と文化を知る。そこに未来が拓ける
七福神

七福神めぐりのルール(やり方)、お賽銭(さいせん)の額を専門家が解説!

ふだんよく聞く七福神めぐり、意外とみんなが知らないルールや神社とお寺とのちがい。

何故手や口を洗う必要があるのか、お賽銭の額など詳しく瓜生先生に質問していきます!

1月11日(土)、「新春の夢をかなえる七福神めぐり」at隅田川を開催いたします!

記事の一番下にリンクがありますのでご覧ください。

七福神めぐりのルール(やり方)を解説!

基本的にめぐり方に決まりはありませんが、順番が決まっている場合もあります。

それでも自分にあっためぐり方ができるのです。

れきこちゃん
れきこちゃん
七福神めぐりのルール(やり方)はありますか?

瓜生先生
瓜生先生

とくにありません。

回りやすい順、効率の良い順で回れば良いでしょう。

ただ、場所によっては順番が決まっているところもあるようです。

その場合は決められた順で回るのが無難(ぶなん)でしょう。

ただ、それも必ずそうしなければいけないという訳ではありません。

れきこちゃん
れきこちゃん
自分のコースが決められるのは魅力的ですね!

七福神巡りの作法(マナー)を解説!

お寺と神社によって違うマナー

お寺と神社では作法が違います。二拝二拍手一拝(にはいにはくしゅいっぱい)のやり方など瓜生先生に質問していきます。

れきこちゃん
れきこちゃん
七福神巡りの作法(マナー)を教えてください!

瓜生先生
瓜生先生

七福神のほとんどは神社とお寺の両方にまつられています。

先ず、これからお参りするところが神社かお寺かを確認が必要です。

お寺と神社でマナーが異なります。

れきこちゃん
れきこちゃん
なるほど!

瓜生先生
瓜生先生
神社であれば鳥居の前で、お寺であれば山門の前で軽くおじぎをします。

このとき帽子は必ず取ってください。

これは神様や仏様に敬意(けいい)を示すためで、今度、帽子をかぶるのは神社やお寺を出てからです。

れきこちゃん
れきこちゃん
人の家に行ったりした時と同じなんですね!
れきこちゃん
れきこちゃん
そういえば、神社やお寺では手を洗うところがありますよね?名前が思い出せません…

瓜生先生
瓜生先生
はい、神社にもお寺にも手水舎(てみずや)という手や口を洗う場所があり、神社の場合、お社(やしろ・神社の建物)の軒下に鈴が下がっています。

れきこちゃん
れきこちゃん
手水舎(てみずや)だ!
れきこちゃん
れきこちゃん
そのあとは何をすればいいんですか?
瓜生先生
瓜生先生
 最初に一礼して静かに鈴を鳴らし、お賽銭(さいせん)を入れてください。

次に二拝二拍手一拝(にはいにはくしゅいっぱい)。

つまり、二回おじぎをして、二回拍手をし、最後にもう一度おじぎをします。

神様はこれだけで願い事を聞き入れてくれます。

れきこちゃん
れきこちゃん
たったこれだけで!
瓜生先生
瓜生先生
よく合掌(がっしょう・手を合わせること)してながながと祈っている人を見かけますが、その必要はありません。

次にお寺の場合は本堂の軒下には鰐口(わにぐち)という銅鑼(どら)のようなものが下がっています。

先ず、軽くおじぎをしたうえで鰐口をならし、線香(せんこう)を供えます。

その上で合掌して願い事をとなえます。

れきこちゃん
れきこちゃん
お寺と神社のマナーの違いがよくわかりました!

願い事にかけていい時間に基本的には制限はない!

基本的に制限はありませんが混み具合や周りの状況をみて判断しましょう。

れきこちゃん
れきこちゃん
願い事はどのくらいの時間をかけていいんですか?
瓜生先生
瓜生先生
お寺の場合は気のすむまで願い事をとなえても構いません。

ただ、とくに初詣などで混みあっているときは後ろに並んでいる人のことも考えて余り長居しないようにしましょう。

神社でもお寺でもお参りが終わったらすぐに背を向けないで、一歩か二歩、後ずさりしてから一礼して帰ります。

鳥居や山門を出たら本堂やお社の方に振り向いておじぎをします。

れきこちゃん
れきこちゃん
普段守るべきマナーと同じなのですね!

 

神社とお寺で七福神めぐりのご利益(りやく)に違いはあるのか?

神社もお寺もご利益(りやく)に変わりはありませんが神様や仏様によって得意とする分野があり、戦いや商売繁盛、農耕、福の神様それぞれ特徴が異なるのです。

手や口を手水舎で洗う理由なども質問していきます!

れきこちゃん
れきこちゃん
神社とお寺、御利益(ごりやく)が大きいのはどちらですか?

瓜生先生
瓜生先生
どちらも同じです。

ただ、場所によって神様や仏様が得意とするご利益(りやく)を授けてくれる場合があります。

れきこちゃん
れきこちゃん
たとえばどんなものがあるのですか? 

瓜生先生
瓜生先生

学問の神・菅原道真(すがわらのみちざね)をまつる天神様は受験や成績向上の御利益があるといわれています。

また、八幡様は戦(いくさ・戦い)の神で勝負事などに特別なご利益(りやく)があります。

そして、七福神は福の神様の集まりです。

今年一年、お金がたくさん入ってきますようにとか、健康でありますようになどということを祈願(きがん)します。

れきこちゃん
れきこちゃん
そうなんですね! 七福神にも戦いや農耕の神様がいるって聞きたましたけど本当ですか?
瓜生先生
瓜生先生
本当です。

七福神の中で他にも特別なご利益があるとされているところではそれの御利益も合わせていただけるようにお願いしてもかまいません。

れきこちゃん
れきこちゃん
神様にも得意分野があるんですね!
七福神めぐりのご利益、効果、起源を専門家が簡単に解説!新年におなじみの七福神めぐり。 ご利益や各神様の特徴、地域性、おすすめスポット、起源(ルーツ)などをれきこちゃんが瓜生先生に質問し...

手や口を七福神めぐりで洗うのは何故なのか?

 

れきこちゃん
れきこちゃん
ところで手水舎(てみずや)で手や口をあらいますがなぜですか?

瓜生先生
瓜生先生
神さまや仏さまはとても尊い方なので、お目にかかるときにはからだとこころをきれいにしておく必要があるからです。

また、お参りする前にニンニクのたくさん入ったラーメンや餃子を食べたとか、脂っぽい肉を食べた場合は、事前に口をゆすいでおいた方が良いでしょう。

神様や仏様は口臭がお嫌いだそうですので、失礼のないようにする心掛けが大事です。

れきこちゃん
れきこちゃん
人でもそれは嫌ですもんね!なんだか親近感が湧いてきました!

七福神めぐりのお賽銭(さいせん)の額に正解はなし!

 

五円玉がいいとか色々な額を聞きますが、特にはありません。

れきこちゃん
れきこちゃん
七福神巡りのお賽銭(さいせん)はいくら入れるのが正解ですか?

瓜生先生
瓜生先生
とくにきまりはありません。

よく神様や仏様と御縁(ごえん)があるようにということで、五円玉をあげる人がいますが、それでは少なすぎるということで50円をあげるひともいます。

れきこちゃん
れきこちゃん
お賽銭の額によってご利益(りやく)が違うことがあったりしないんですか?

瓜生先生
瓜生先生
お賽銭の額によってご利益が違うということはないので安心してください。

れきこちゃん
れきこちゃん
祈る気持ちが大切なんですね!

おわりに

七福神めぐりには厳しい決まりなどはありませんが、ここに書かれたことを守って回ればさらに楽しく回れること間違い無いでしょう!!

現地講座:1月11日(土)、「新春の夢をかなえる七福神めぐり」at隅田川 受講を申し込む *申し込み後メールアドレスにメールが届き、メールに受講料の振込先情報が書かれておりますが、お振込みか当日現地でのお...