瓜生中 公式ブログ
日本人を知り、その歴史と文化を知る。そこに未来が拓ける
未分類

お盆について

「お盆の起源」
盂蘭盆会(うらぼんえ・お盆)は春秋の彼岸とともに日本の二大仏教行事である。
しかし、仏教発祥の地であるインドには盂蘭盆会の習俗は存在せず、中国発祥の行事である。

そして、『仏説盂蘭盆経』という中国で作られたお経には次のような盂蘭盆会の起源が説かれている。

釈迦の十大弟子(多くの釈迦の弟子たちの中で特に優れた10人の弟子)の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)という人が神通力(一種の超能力)を使って早くに亡くなった母親が死後どんな生活をしているのか気になって、母親が行ったあの世の様子を覗いてみた。

すると、亡き母は餓鬼道という常に飢えに苦しむ世界に堕ちてもがき苦しんでいた。
これを見た目連は深い悲しみにとらわれて号泣し、釈迦の下に行って何とか母を救うことができないものかと相談した。

すると釈迦はひとたび餓鬼道に堕ちた人間を救うのは非常に難しいが、一つだけ方法がある。
それは安居(あんご・修行期間)明けの修行僧たちに御馳走をすることだと答えた。

それを聞いた目連は安居が明けるのを待って、修行僧たちに大御馳走をした。
そして、再び母親の様子を窺うと天国に行って幸せに暮らしている姿を見て、大いに安心したという。

つまり、お盆というのは修行僧に施しをすることで先祖が救われるという行事なのである。
日本では古くから檀家を訪ねて経を上げる「棚経(たなぎょう)」という風習があるが、棚経に来た僧侶に布施を上げることによって先祖が救われるのである。

また、「盂蘭盆」という言葉はサンスクリット語(インドの古い言葉で梵語〈ぼんご〉という)のウラバーナという原語の音写(おんしゃ・サンスクリット語の発音を漢字の音に写したもの)で、「倒懸」と意訳される。

「倒懸」とは逆さ吊りにされるような苦しさであるという。
つまり、餓鬼道に堕ちて空腹に絶え兼ね、まさに逆さ吊りの苦しみを味わうことだというのである。

「なぜお盆は7月と8月に分かれているのか?」
奈良時代から行われてきた盂蘭盆会は旧暦の7月15日を中心に営まれてきたが、その日程は地方によって多少異なっていた。しかし、江戸時代になると幕府が日程を統一し旧暦の7月13日から15日と定めたのである。

幕府は人が集まって一揆の相談などをすることを警戒し、それまでばらつきのあった日程を統一したのである。
ただし、養蚕農家などは7月の半ばは繭の糸を取る作業の真っ最中で、何日も休んでいることはできない。

そういったところでは半月ぐらい期間を延ばして盂蘭盆会を営むことにしたのである。

明治6年(1873)に太陽暦が採用されると盂蘭盆会が7月と8月に分かれることになった。
農村部では新暦の七月半ばはまだ田んぼの草取りなどの農作業が残っており、盂蘭盆会をしている暇がなかったのである。

かつては7月1日ぐらいから準備をはじめ、盂蘭盆会が終わった後も1、2日は後片付けに当たった。
つまり、前後、半月以上は休まなければならなかったのであり、農作業が一段落したときでなければ盂蘭盆会を行うことはできなかったのである。

だから、農村部では一か月ずらして旧暦の7月半ばに当たる8月13日から15日ということにした。
また、京都を中心に関西以西では都市部でも古い習慣に従って8月に行うようになったのである。

「お中元とお盆」
お盆の時期は「お中元」の時期でもある。
最近ではお中元も精彩を欠いているが、それでもデパートなどでは毎年この時期は中元商戦と称して特設コーナーを設けている。

この「中元」という言葉は古代中国に由来する。
中国では一年のうちに上元・中元・下元という三つの特別な日を設けている。
1月15日が「上元」、7月15日が「中元」、10月15日が「下元」で、この三日間は何をするにも良い日であるといわれている。

上元の1月15日は元服(成人式)、下元の10月15日(新暦の11月15日)は七五三といった通過儀礼を行うのはこの日の日和が良いからである。

そして、中国でも中元の7月15日に盂蘭盆会を行っていたといい、これが日本に伝えられたのである。
また、この中間の日の近くに日本では古くから子どもたちが父母の魚などを取って来て贈る習慣があったという。

そこで、お盆の時期には親戚縁者が集まってふだんは遠く離れている親に土産を持って行ったり、やって来た孫に小遣いを上げたりする風習を生んだのである。
最近、スーパーで「おぼんだま(お盆玉)」と書いたポチ袋を見かけた。
ここにも形を変えて日本の伝統文化が生きていた。

また、明治になって百貨店(デパート)ができると、この時期の進物に「お中元」という言葉が使われるようになったのである。
「お中元」は年末の「お歳暮」とともにデパートの二大稼ぎ時だったが、先に述べたように最近は振るわないようだ。