瓜生中 公式ブログ
日本人を知り、その歴史と文化を知る。そこに未来が拓ける
未分類

自粛要請を考える

「自主的に自粛を守る日本人」
欧米諸国などでは外出禁止という強硬策が取られ、それに従わないと逮捕されたり罰金を科せられるという厳しい姿勢を示した。
これに対して日本では「緊急事態宣言」は出したもののあくまでも「自粛要請」に留まり「ロックダウン」には至らなかった。

日本政府でロックダウンのような強硬策を取らないのは過去に「私権」を制限したことに対して歴史的に非難を浴びた苦い経験にもよる。
また、日本は軍制を取っていないことから、有事に際して究極的には戒厳令のような厳しい制限を与えることに政治体制自体が馴染まないということもある。

個人個人が持つ固有の権利である「私権」は言うまでもなく憲法で認められた基本的人権の重要なファクターである。
ただ、私権は戦争や災害といった有事のときにはもちろん制限を受けることがある。

今回の新型コロナウイルス感染拡大も有事であり、感染防止のための外出や店舗の営業などがある程度、制限されることは「公共の福祉」の観点から見てもやむを得ないだろう。

しかし、一方で私権の制限は憲法の人権規定に真っ向から背反するものだ。
もし、これを契機に罰則を伴う法律が制定されれば、その法律が違憲に当たることは言を俟たないだろう。

現に一部の改憲論者の中には憲法改正に際して「緊急事態条項」を盛り込もうとの意見も急浮上している。
もしそんなことになれば、緊急事態を理由に国会の審議や十分な説明を省略して閣議決定だけで政令が施行される場合もある。

極端に言えばわれわれ国民には寝耳に水の状態で、われわれの基本的人権が制限されることがあるかもしれないのである。
国会審議をないがしろにして閣議決定するのは今の安倍政権の一八番(得意技)である。

また、憲法に「緊急事態条項」を盛り込むというのは私権の制限が念頭にあることは明らかである。
今の政権は「解釈改憲」も得意技としているが、これでは憲法という最高法規がまったく骨抜きにされてしまう。

言うまでもなく憲法は国家権力の行き過ぎから国民の権利が侵害されるのを守るために作られたものであえい、それは「最高法規」といわれる由縁である。
これに対して国民の権利(私権)を制限する条項を盛り込むなどということは本末転倒も甚だしく、近代法治国家としてとうてい許されるものではない。

また、昨今、こんな緊急事態に無暗に政府を批判するものではない、といった意見もある。
しかし、私権は基本的人権であり言論の自由や居住の自由、職業選択の自由などおよそわれわれが生きていく上で守られなければならないあらゆる権利を包括している。

そんな重要な問題が緊急事態だからという理由で勝手に変更され、制限されることはあってはならないのである。
立ち止まってじっくり考えなければならないと思う。

「日本人はなぜ自粛要請に素直に従うのか?」
それにしても日本人の大半は国や自治体の自粛要請に実に忠実に従っている。
これについて、日本人は秩序正しい民族であるとか、公徳心に秀でた民族だとして、それが日本人の美徳であると自画自賛する声は多い。

確かに落し物の大半が交番などに届けられて持ち主の下に帰って来るなどということは外国人からも高く評価されている。
確かにそれは美徳ではあるが、短絡的に手放しで喜べないところもある。

日本人が上からの命令や指示に従順に従うのは古くからの日本人の生活形態に由来するということが言えるだろう。
われわれの先祖は古くからムラ(村落共同体)を基体に生活をしてきた。

ムラには整然とした掟(決まり)があり、長幼の序があり、農作業や祭などに際しては役割分担も決められていた。
ムラには祖先を神として祀るいわゆる氏神の社(神社)があり、村人たちは氏神を中心として結束していたのである。

そして、年に一度、氏神がムラに降りて来ると、人々はその神を店長に迎え、神饌(神へ供える食物)を供えたり舞や歌を披露して歓迎の意を示した。
そうすることによって神が村人たちに豊作などの幸いをもたらしてくれると考えていたのである。

ここで注目すべきは神はムラ全体に豊作などの幸いをもたらすのであって、個人的な幸福(利益)には関与しないということである。
つまり、憲法でいう「公共の福祉」をもたらすのである。

村人の生活、ひいては人生には個人という概念がなく、共同体の一部としてのみ生きていくことが認められるのである。
ただし、共同体の掟と長幼の序を守り、決められた役目を果たしさえすれば一生大過なく過ごすことができたのである。

そして、そのようなムラの幸福を約束してくれるのが神(氏神)の存在だった。
日本の神は究極的には宇宙のすべてを見通すことのできる超自然的な存在で「お天道(てんとう)さま」と呼ばれるものである。

それは太陽にもたとえられ、天皇家の祖神(おやがみ・氏神)が天照大御神と呼ばれる太陽を神格化した神であるということに良くあらわれている。

お天道さまの言うことは絶対的で、矮小で小賢しい人間にはそれに逆らう余地がない。
逆らえば厳しく罰せられるが、従順に従えば幸福をもたらしてくれる。

また、日本では古来、天皇のことを「お上(かみ)」といい、鎌倉時代の武家政権以降は天皇の他に将軍や領主を指すようになった。
要するに権力者を「お上」といったのであるが、江戸時代には権力の執行機関である幕府を「お上」というようになり、将軍のことは「上さま」といって区別するようになった。

明治以降、お上という言葉は専ら天皇を指すようになり、大日本帝国憲法でも「天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」と謳われているように、お上(天皇)は超自然的な力を持つ「お天道さま」と同一視されるようになったのである。

戦後は革新的な思想をもって政府を非難する人々や学生運動の活動家の中には国家権力を「お上」という人が少なくなかった。
作家の野坂昭如がしばしば「お上」という言葉を使って体制批判を繰り返していたことを御記憶の方も少なくないだろう。

そして、今も事の善悪や正否は別として、とりあえずお上の言うことには逆らわないでおこう。
逆らわない方が得策であるという風潮があることは否定できない。

これは長きにわたるムラ社会で培われて日本人特有の観念ということができる。
また、ムラ社会は監視社会であり、そこで育ってきた日本人は他人の目を常に気にする性質が身についている。

掟に従わないで個人的な考えで行動すると非難を浴びて排斥されるという危機感が常に付きまとっているのである。
そのことは今回のコロナウイルス騒動でも早速、見られた。

自粛要請の中で営業している飲食店などを警察や行政機関に通報したり、嫌がらせの張り紙を貼ったりした事例が少なからず見られた。
以前、ネットなどの通信手段が発達した状況を「チクリ社会」と評したが人がいた。

まさにその通りだが、日本の「チクリ社会」には長年にわたってムラの生活の中で醸成された伝統があるのである。
戦後、そのムラ社会は崩壊したが、その中で培われた「ムラビト根性」とでもいうべき精神は日本民族の心の奥に息づいていて何か事あるごとにうごめきだすのである。

今見て来たような日本民族の特性が自粛要請に従順に従う理由であると考えられる。
しかし、それは意識するとしないとに関わらず、必ずしも積極的に従っているわけではないことも事実だろう。

お上のお達しに逆らうと碌なことがないという強迫観念が先ず頭に浮かび、取りあえず従っているということなのだろう。
「美徳」は何らかの力に強制されるものではない。
あくまでも個人が人の道と言われるものに従って積極的に実践した上に成り立つものである。

しかし、とくに日本の場合は権力者が、お天道さま(お上)には従っておいた方が無難だという日本人の性質を「美徳」として強要してきた。
そのことによって個人の思想は考察は抹殺され、今もそれが続いているといえる。

だから、一部の人々が自粛要請による私権の制限を問題にしても、大半の日本人はそのことに対する問題意識すら持たないでいるというのが現実である。

感染防止には無暗に出歩いて人と接触をしないことが最も有効な対策であることは間違いない。
しかし、自粛要請は私権の制限という問題を孕んでいることを認識する必要があるだろう。

日本に限らず権力者というものは常にあの手この手で私権の制限を画策している。
私権を制限することによって、たとえば沖縄の基地問題のような権力者の描く構想はより楽に実現できるからである。

われわれは新型コロナウイルスへの感染から身を守ると同時に、現在および将来の平和で幸福な生活を守るためにも、私権について真剣に考えなければならないと考える。