瓜生中 公式ブログ
日本人を知り、その歴史と文化を知る。そこに未来が拓ける
日本の神話

オオクニヌシの誕生といなばの白うさぎ神話

スサノオノミコトはクシナダと結婚して、子孫を繁栄し出雲の地を開拓してその基を作った。
そして、その六代目の孫がオオクニヌシである。この神には大穴牟遅神(オオナムヂノカミ)、葦原色許男神(アシハラシコオノカミ)、八千矛神(ヤチホコノカミ)、宇都志国玉神(ウツシクニタマノカミ)の別名がある。

さて、このオオクニヌシには八十神(やそがみ・八十柱〈はしら〉の神。実数ではなく大勢という意味)といわれるほど多くの兄弟がいた。
ときに、因幡国(いなばのくに・島根県東部)に八上比売(やがみひめ)というたいへん美しい女神がいた。

兄弟達はみなこのヤガミヒメを何とか娶ろうとして、因幡国に求婚の旅に出掛けることにした。
兄弟達は一応に腹黒かったが、オオクニヌシだけは極めて温和な性格でお人好しだった。

そこで、兄弟は人の良いオオクニヌシに荷物を全部持たせて旅に出た。
良く知られているように、オオクニヌシが大きな袋を背負っているのは、そのような事情によるのである。

一行が気多(さた)の岬(みさき・鳥取県北西部に伝説の地がある)に差し掛かったとき、一羽の兎が皮をはがれて赤裸になって横たわっていた。
兎が助けを請うと、意地の悪い兄たちは「海水を浴びて、小高い丘の上に横たわって風にあたっていれば自然に治る」と、兎をからかってウソを教えた。

兎が言われた通りにすると、風にあたって皮膚がひび割れ、ますます痛みがひどくなった。

ちょうど、そこへオオクニヌシが遅れてやって来て、兎が苦しんでいる訳を訪ねた。
すると兎は、私は隠岐島(おきのしま)に住んでいたのですが、本土に渡ってみたいと思ったのですが、渡る手段がありません。
そこで、一計を案じて海のワニザメをだまし、私とワニザメとどちらが仲間が多いか比べっこをしようともちかけました。

するとワニザメは私の言葉を真に受けて、隠岐島から気多の岬まで仲間を一列に並ばせました。
そこで、私はワニザメを数える振りをして背中の上をピョンピョン跳ねてここまで渡って来ました。

そして、渡り終わろうとして最後の一匹の背に乗ったとき、「お前たちはだまされたんだ!」と言ってあざ笑ったのです。
すると、その瞬間、いちばん最後に並んでいたワニザメが私に襲いかかって、この通り皮を剥がれてしまったのです。

↓もっと詳しく知りたい方はこちらの本がおすすめ!↓
知っておきたい日本の神話 (角川ソフィア文庫)

そして、先に通りかかった兄たちに助けを求めて、その教えに従ったところますますひどくなってしまいましたと、言った。

これを聞いたオオクニヌシは兎を憐れみ、すぐに真水で身体を洗って蒲(がま)の穂綿(ほわた)にくるまるようにと教える。
兎が言う通りにしたところ、みるみる回復して元通りの身体にもどった。
喜んだ兎はオオクニヌシに「八十神は決してヤガミヒメを射止めることはできません。

ちなみに、蒲(がま)という植物は葦のような葉を持ち、夏ごろに伸びた茎の先端に20センチほどの茶色い穂をつける。
夏の終わりになると穂が開いて綿のかたまりのようになるが、これを蒲の穂綿という。

この穂綿の中に花粉が詰まっており、その花粉がすり傷などに効くといわれて、昔から使われていた。
オオクニヌシが蒲の穂綿にくるまっていれば治るとアドバイスしたのは、医学的にも根拠があったということができる。

さて、傷が治った白兎は、大いに喜び「今は大きな袋を担いで下働きをなさっていますが、あなた様こそがヤガミヒメを娶るのにふさわしい方でございます」と、予言した。
果たして兎の言葉通り、ヤガミヒメは八十神たちのプロポーズをことごとく断り、「私はオオクニヌシと結婚します」と、言い張る。

これを聞いた八十神たちは激怒してオオクニヌシを殺そうとする。
そして、実際オオクニヌシは何度も殺されるが、その都度、母の計らいによって生き返る。
しかし、それでも八十神たちの執拗(しつよう)な攻撃は止まらない。

そこで、母は、ここにいたら、しまいには八十神たちによって滅ぼされてしまうだろう。
ついては、紀伊国(きいのくに・現在の和歌山県)に行ってそこの神に相談するように、と言った。

しかし、最後にはオオクニヌシが勝利し、ヤガミヒメを娶って豊葦原中国(とよあしはらのなかのくに)の王、すなわち国神(くにつかみ)の代表となったのである。