瓜生中 公式ブログ
日本人を知り、その歴史と文化を知る。そこに未来が拓ける
日本の年間行事

お彼岸の由来や意味は?してはいけないことを解説!

お盆とともにほとんどの日本人が仏教行事だと思っているお彼岸は、実は日本独特の行事である。

それが仏教と結び付いて日本独特の文化になった。

今回はお彼岸の由来や意味、なぜ墓参りをしたり、ぼた餅やおはぎを食べるのかなどの疑問にこたえる。

お彼岸(ひがん)の意味と由来

毎年、春秋(しゅんじゅう)のお彼岸には家族そろって墓参りをする光景が見られる。
お彼岸はお盆とともに、日本人にとって最も身近な仏教行事である。

 

彼岸という言葉は、サンスクリット語(インドの古い言語)でパーラミターを音写(おんしゃ・サンスクリット語の発音を漢字であてること)して、「波羅蜜多(はらみった)」といい、意訳して「到彼岸(とうひがん)」という。

 

もともと彼岸とは「悟りの世界」すなわち「仏の世界」のことで、向こう岸という意味である。

われわれが住む此岸(しがん・迷いの世界、こちらの岸)から、迷いのない仏の世界を指して彼岸というのだ。

 

日本では春分(しゅんぶん)の日と秋分(しゅうぶん)の日を彼岸の中日と定め、その日をはさんで前後各三日の七日間で営まれる法要(ほうよう)が「彼岸会(ひがんえ)」である。

 

春分、秋分の両日は昼夜の時間が等しくなる日で、古くから中国では「時正(しょうじ)」「昼夜等分(ちゅうやとうぶん)」などといわれ、何をするにも最高の日とされてきた。

 

万物のバランスが最もよくとれたこの日に、日頃の怠惰を反省し、仏教の教えに従った生活に励む機会にするための法要を定めたのが彼岸会の起源と考えられている。

日本独特の行事

日本人の誰もが仏教由来と思っている彼岸会の習俗は日本独特のものなので、インドはもとより中国にも見られないのである。

 

鎌倉時代(かまくらじだい)に日本にやって来た中国の僧侶は、その手記に「日本には彼岸会と称する行事がある」と記し、中国には存在しない行事だということを強調している。

中国人僧侶にとっては、仏教行事として営まれる彼岸会は奇異なものに見えたのだろう。

 

日本では聖徳太子(しょうとくたいし)の時代に彼岸会(ひがんえ)が行われたというが、これは伝説的な話だ。

 

大同(だいどう)元年(八〇六)の彼岸の日に宮中(きゅうちゅう)に僧侶を招き、経を読ませて法要を営んだというのが文献上の最古の記録である。

おそらく、奈良時代の終わりから平安時代(へいあんじだい)のはじめごろに宮中を中心に彼岸会が行われるようになったのだろう。

 

そして、時代が下って鎌倉時代ごろからは彼岸会の風習は、お盆とともに民間にも広がり、各地で営まれるようになったのだろう。

そして、江戸時代ごろから暦にも春秋の彼岸の日が定められるようになった。

 

ところで、前述した大同元年の彼岸会は、政争に巻き込まれて悲惨な最後を遂げた早良親王(さわらしんのう・?~七八五、桓武天皇〈かんむてんのう〉の皇太子)に崇道天皇(すどうてんのう)の号をおくって、その霊を慰めるために行なわれた。

 

このことから、明治の初年から約七〇年間、彼岸会は「皇霊祭(こうれいさい・皇族の霊を慰める鎮魂祭〈ちんこんさい〉)」と定められ、春分、秋分の両日は国民の祝日になっていた。

 

つまり、明治になって神道(しんとう)が国の宗教と定められ、彼岸会も神道の儀礼の一部に組み入れられたのである。

 

国民の祝日となった彼岸。

敗戦後の昭和二三年には新憲法のもと、春分、秋分の両日は「国民の祝日」と定められた。

そして、春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、秋分の日は「祖先をうやまい、亡くなった人をしのぶ日」とされている。

 

彼岸会の精神を巧みに取り入れて国民の祝日の意義付けをしたもので、ここに日本古来の彼岸会の習俗が復活したということができる。

 

また、日本では古くから稲作の始まる春に田の神を迎える神事を行い、刈り取りを終えて稲作が終了する秋に田の神に感謝する祭りを行なっていた。

 

田の神は祖先の霊とも考えられているから、田の神祭りは祖先の霊を敬いその加護に感謝する祭りでもあったのだ。

これに仏教の習俗が加味されて彼岸の習俗ができあがったものと考えられている。

 

いずれにしても日本人の魂に深く根ざした行事であることには間違いない。

なぜ墓参りをするのか?

日本では仏教が伝えられる以前から先祖を敬う祖先崇拝(そせんすうはい)という信仰が盛んだった。

 

意外に思われるかもしれないが、実は神社も遠い祖先である氏神をまつるところなのである。

 

春秋の彼岸の時季は農作業も一段落し、肉体的にも精神的にもほっと一息つけるときである。

また、「暑さ寒さも彼岸まで」というように、気候も安定してゆったりと色々なことに思いを馳せることもできる。

 

だから、中国人はこの時期を「正時(しょうじ)」といって何をするにも最適の期間と考えたのだろう。

そして、この時期に今の生活の基盤を作ってくれた先祖を思い、感謝を捧げるということが早くから日本人の風習になっていたと考えられる。

 

仏教が入って来て定着するとこの日本固有の風習は仏教的に説明されるようになり、「彼岸」と名付けられた。

 

そして、おそらく室町時代(むろまちじだい)の末ごろに一般庶民が墓を建てるようになると、彼岸の墓参りの風習が普及したのだろう。

してはいけないこと

先にも述べたように、春秋の彼岸の期間は何をするにも好適日であると考えられている。

だから、基本的には何をしても良いことになる。

 

しかし、日本ではおそらく室町時代ぐらいからお祝い事は神社で、不祝儀(ぶしゅうぎ・葬儀や法事)はお寺でという不文律ができあがった。

 

そこで仏教行事として定着したお彼岸も葬儀などと同じような不祝儀と考えられたのだろう。

だから、お彼岸の期間には結婚式をはじめとするお祝い事は控えるようになったと考えられる。

 

ただ、これはあくまでも民間信仰で、いわゆる俗信の類で、地方によっても異なるタブーがあるようだ。

しかし、たとえ民間信仰や俗信にしてもそれぞれのタブーは社会通念として機能している場合が多い。

 

したがって、一般に「彼岸にはしてはいけない」といわれていることは素直に守った方が良いだろう。

お彼岸の食べ物――おはぎとぼた餅

日本では古くから年中行事のときの食べ物が決まっていることが多い。

そして、お彼岸の定番といえばおはぎとぼた餅である。

 

どちらももち米とうるち米(ふつうの米)を半分就いたものを餡(あん)で包んだものである。

 

これをあんころ餅という人も少なくないが、あんころ餅は中身が完全についた餅で、たとえば、伊勢名物の赤福(あかふく)などがこれに当たる。

いっぽう、ぼた餅やおはぎは半分ついたものを漉し餡やつぶし餡で包んだものである。

 

小豆の餡を食べるようになったのは鎌倉時代のことといわれるが、この時代は塩味だったといわれている。

甘い餡が作られるようになったのは江戸時代のことだが、初期は武士や公家など高貴な人の口にしか入らなかったらしい。

 

しかし、しだいに甘い餡も普及してすでに江戸時代の前半には庶民も甘い餡を食べていたと考えられる。

そして、ぼた餅やおはぎもこのころから普及し始めたのだろう。

 

なぜ、お彼岸に食べるようになったのかハッキリとしたことは分からない。

しかし、古くは砂糖は貴重品で非常に高価なもので、普段は柿の皮など果実の皮を干したものを砂糖の代用にしていた。

 

だから、庶民は一年の内でも特別な日にだけ砂糖を使ったものを食べることが許されたのである。

そして、庶民は甘いものが食べられる特別の日を心待ちにしていたのである。

 

ぼた餅とおはぎの由来については諸説あり、小豆の赤い色が疫病除けや厄除と見なされたのだなどといいう説もある。

 

しかし、実際には江戸時代に甘い餡が普及してぼた餅やおはぎのような家庭でも手軽にできる菓子が考案され、これがお彼岸の定番になったと考えられる。

 

また、春の彼岸に食べるのは「ぼた餅」、秋の彼岸は「おはぎ」というのはほぼ全国的に見られるこの菓子の名前である。

 

一説に春は牡丹(ぼたん)の季節に近いので、この菓子を牡丹に見立てて「牡丹餅」といったのが「ぼたもち」になったのだといい、秋の彼岸は萩の花の咲く季節なので「おはぎ」と呼ぶようになったという。

ミニ知識――ぼた餅寺

鎌倉駅東口から徒歩一〇分ほどのところに常栄寺(じょうえいじ)という日蓮宗(にいちれんしゅう)の寺院がある。

この寺、通称「ぼた餅寺」と呼ばれている。

 

言い伝えによると、日蓮聖人(にちれんしょうにん)が鎌倉の外れから鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)近くの小町(こまち)というところに行って、毎日、辻説法(つじせっぽう)をしていた。

 

このとき、ここに住んでいた女性が日蓮聖人の労(ろう)をねぎらって、ちょうど春の彼岸のときにぼた餅を振舞ったという。

女性の住んでいたところが後に日蓮宗の寺院になり、言い伝えにちなんでいつのころからか「ぼた餅寺」と呼ばれるようになったという。

 

もちろん、これは伝説的な話で事実かどうかは分からないが、いかにもお彼岸にふさわしいほのぼのとした話である。

 

ところで、先に述べたように、餡がお目見えしたのは鎌倉時代のことで、その点では日蓮聖人がぼた餅を食べたという話にも納得がいく。

 

しかし、鎌倉時代の餡は塩味だった。

とすると、日蓮が食べたぼた餅は塩味だったのかもしれない。

 

お彼岸の由来や意味は?してはいけないことを解説!

  • お彼岸はインドにも中国にもない日本独特の行事。
  • お彼岸の意味を良く伝えている国民の祝日としての春分・秋分の日。お彼岸に墓参りをするのは先祖に思いを馳せ、その恩に感謝するためだ。
  • お彼岸の期間にお祝い事に参加してはいけない。
  • なぜおはぎとぼた餅を食べるようになったのか。